【お知らせ】神戸石炭 民事訴訟、行政訴訟期日について2022/4/26

 In ニュース

今後予定されている期日についてお知らせです。

神戸石炭訴訟では、気候変動を加速させる大規模な温室効果ガス排出源である石炭火力発電所の新設計画を止めるべく、2018年より、民事(被告:神戸製鋼、関西電力ら)、行政(国・経産省)の2つの訴訟を提起し、裁判を続けてきました。

民事訴訟・神戸地方裁判所

当面、予定されている民事訴訟期日です。

現在、被告側から必要な範囲で次回期日(2022年1月18日)までに反論が行われる予定になっています。

原告側からは、原告のほか、複数の専門家を証人申請しています。

※4月26日の期日につきましては、午後に行政訴訟の判決が予定されているため、期日後の報告会は開催いたしません。

2022年1月18日(火)

10:30〜

民事

第14回期日
期日報告会

神戸地方裁判所

2022年4月26日(火)

10:30〜

民事

第15回期日
期日報告会なし

神戸地方裁判所

行政訴訟・大阪高等裁判所

2021年3月15日での一審判決を受けて、3月26日に大阪高等裁判所へ控訴しました。

2回の期日が開かれ、2021年12月14日(火)の期日にて、結審となりました。

2022年4月26日(火)14:30に判決言い渡しとなります。

当日は、判決報告・記者会見を予定しております。

開催形式は、会場/オンラインのハイブリッドを予定しておりますが、詳細が決まりましたら、本HPに掲載いたします。

2022年4月26日(火)は、午前は神戸地裁で民事訴訟期日、午後は大阪高等裁判所にて行政訴訟の判決となります。

日頃ご支援いただいているみなさまには大変恐縮ですが、傍聴のご支援を賜れますと幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

Recommended Posts